大盛りの美学に圧倒されます。「ラーメン富士丸」の山盛りラーメン

有名ラーメン店、「ラーメン二郎」から独立した分家「ラーメン富士丸」。本家とは離れた、独自のラーメン道を歩んでいます。「ラーメン富士丸」といえば、豚肉へのこだわり。そして、なんといっても圧倒的なヴォリュームです。「ラーメン富士丸」のラーメン。残さずに頂けますか?

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」の山盛りラーメン

富士丸ラーメン

名前のとおり、「ラーメン富士丸」の看板ラーメンです。驚きですが、これで普通盛り。圧倒的なヴォリュームです。

豚肉を煮込んでとったダシ、野菜の甘味、ニンニクが渾然一体となったスープ。辛さの中に、甘味が溶け込んでいます。

「ラーメン二郎」の流儀を受け継ぐ、極太の平打ち麺。「ラーメン富士丸」の濃厚なスープとの絡み具合は絶妙です。

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」の山盛りラーメン

有名ラーメン店、「ラーメン二郎」から独立して開店した「ラーメン富士丸」。「ラーメン二郎」の流れを汲みながらも、「ラーメン富士丸」独自の味にこだわる人気ラーメン店です。本店、支店で多少はメニューに違いがありますが、基本的に豚入りラーメン一筋。豚とラーメンのヴォリュームへのこだわりは、どの「ラーメン富士丸」も徹底しています。圧倒的なヴォリュームで迫る、「ラーメン富士丸」の山盛りラーメン。あなたも、一度頂いてみませんか?

ラーメン二郎とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、およびその本店の店主であり創業者である山田拓美の登録商標。

出典:https://ja.wikipedia.org

「ラーメン富士丸」は豚にこだわります

山盛りというより、塔のようにそびえ立つ富士丸ラーメン。豚肉と野菜が、高く積みあがっています。ぜんぶ、頂けますか?

富士丸ラーメンには、厚切りにされた豚肉が、ゴロゴロ入ってます。厚切りというより塊ですが、柔らかい仕上がりです。

別皿のアブラ

これも、「ラーメン富士丸」の定番です。ほぐした豚肉と豚の背脂の塊を混ぜたものに、醤油で味つけしています。

「ラーメン富士丸」は豚にこだわります

「ラーメン富士丸」のラーメンには、大量の豚肉が投入されています。別皿のアブラも、メインは豚の背脂です。豚肉、アブラ、野菜、ニンニクは追加トッピングで、さらに増量することもできます。とにかく、豚にこだわり、超大盛り。これが、「ラーメン富士丸」のラーメンです。豚は国産豚を使用。これも、「ラーメン富士丸」のこだわりです。

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」 神谷本店


名称:ラーメン富士丸 神谷本店
住所:北区神谷3-29-11
アクセス:東京メトロ南北線 志茂駅から徒歩8分
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜日
電話番号:03-3598-6558

国産ブタメン+アブラ

「ラーメン富士丸」 神谷本店の一番人気ラーメン。ブタメンとは、チャーシューメンのことです。別皿のアブラも、どうぞ。

サービスの生卵

別皿のアブラといっしょに、生卵もついてきます。これも、無料です。お好きなタイミングで、ラーメンに落としてください。

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」 神谷本店

「ラーメン富士丸」 神谷本店の基本メニューは、富士丸ラーメンと国産ブタメンの2種類のみ。アブラ、野菜、ニンニクの追加は、すべて無料です。お好みの味に調整して、「ラーメン富士丸」のラーメンをガッツリ召しあがってください。

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」 西新井大師店

名称:ラーメン富士丸 西新井大師店
住所:足立区西新井1-7-7
アクセス:東武大師線 大師前駅から徒歩3分
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜日
電話番号:03-3896-6302

豚入りラーメン 大盛り

ラーメン大盛りに、メンマとゆで卵を追加。どんぶりに具材が入りきらないので、麺と具材が別々になってでてきます。

辛ねぎ

「ラーメン富士丸」 西新井大師店のオリジナルメニュー。ねぎをラー油で和え、豚のこまぎれ肉と混ぜ合わせたものです。

大盛りの美学。「ラーメン富士丸」 西新井大師店

本店、支店とも「ラーメン富士丸」にはサイドメニューはありません。豚肉とラーメンに、徹底してこだわっています。追加トッピング無料など、サービス精神も旺盛です。国産の豚肉を使い、野菜もたっぷり入っています。「ラーメン富士丸」のラーメンを、ラーメン女子も味わってみてください。

まとめ 大盛りの美学。「ラーメン富士丸」

なんと、350g。「ラーメン富士丸」の普通盛りの麺の量です。通常のラーメン店の普通盛りは、麺150gくらいです。これだけ見ても、「ラーメン富士丸」のヴォリュームのすごさがわかります。大盛りにすると、さらにすごいことになります。残さずに頂く自信がない人は、量を半分にしてオーダーしてください。残さずに、ぜんぶ頂く。それが、おいしいラーメンに対する、ラーメン女子の心意気というものです。「ラーメン富士丸」のラーメンを、美しく頂きましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ