湯島の担々麺を食べ歩こう!個性が光る担々麺をお店と共にご紹介

勉学の神様で有名な湯島天神がある湯島。閑静な住宅街ですが、ここ湯島にも、おいしい担々麺のお店があるんですよ!ベーシックな四川担々麺の他、味噌や黒胡麻、広島式や我流といった個性的な担々麺がたくさん!担々麺が食べたくなったあなた!さっそく湯島へレッツゴー!ですよ。

湯島の担々麺紹介①

湯島天神下、四川担々麺「阿吽」

東京都文京区湯島3-25-11

【アクセス】
地下鉄東京メトロ 千代田線 [湯島駅] 5番出口でて左へ徒歩2分
銀座線上野広小路駅より徒歩5分
上野御徒町駅A3出口より徒歩5分
湯島駅から49m

【営業時間】

[月~金]
昼 11:00~14:30
夜 17:30~21:45
[土]
昼 11:00~15:00
夜 17:30~21:45
[日、祝日]
昼 11:00~15:00
夜 17:30〜21:00
(※材料なくなり次第閉店)
ランチ営業、日曜営業

【定休日】

火曜日(祝日の場合は営業、翌日水曜日休業)

湯島にある担々麺の人気店の阿吽。
シンプルな外観で清潔感があり、道路に面した大きな窓も開放的。
1人でも入りやすそうですね!

湯島の担々麺の人気店阿吽の席は、
カウンターと2人掛けテーブル席合わせて、15席と多くはありませんが、
行列ができるほどの人気店です!
湯島の他にも、浅草や北浦和にも系列店があるそうですよ。

湯島の担々麺専門店「阿吽」の担々麺紹介①

担担麺 ¥830

こちらは、湯島の担々麺専門店「阿吽」の
一番ベーシックな担々麺です。
ゴマのスープがベースになっているので、コクがあっておいしいですよ!

湯島の担々麺専門店「阿吽」の担々麺紹介②

つゆ無し担担麺 ¥830

こちらは、湯島の担々麺「阿吽」の汁なし担々麺。
汁がないので、辛いのか?と思いきや、ゴマダレが絡めてあって
辛すぎる!ということは、ない模様。
気になる方は、ぜひ食べてみてください。

湯島の担々麺専門店「阿吽」の担々麺紹介③

黒胡麻担担麺 ¥900

こちらは、湯島の担々麺「阿吽」の黒味噌担々麺。
見た目が驚くほどの黒さです。
担々麺っぽくありませんね。でも、ちゃんと担々麺。
黒ゴマのコクと山椒の痺れ感がベストマッチです!

湯島の担々麺専門店「阿吽」の担々麺紹介④

味噌担担麺 ¥900

こちらは、湯島の担々麺「阿吽」の味噌担々麺。
ゴマの香りと味噌がプラスされているので、とってもマイルド。
この味噌担々麺は限定で数が決まっているようなので、
気になった方は、お早めに!

湯島、「阿吽」の担々麺

湯島、「阿吽」は、担々麺の専門店というだけあって、とても魅力的な担々麺ばかりでしたね。
こちらのお店は、辣油の辛さ・花椒の痺れをレベル0辛~6辛の間で選ぶことができます。
はじめて訪れる方は、レベル2辛がおすすめです。

湯島の担々麺紹介②

湯島の広島式担々麺「湯島ひよこ堂」

東京都文京区湯島2-33-10 深野ビル1F

【アクセス】
東京メトロ千代田線「湯島」駅・徒歩5分
「湯島天神」入口の対面。
湯島駅から221m

【営業時間】

11:30~14:00 17:00~21:00
食材がなくなり次第終了
ランチ営業、日曜営業

【定休日】

不定休

湯島のひよこ堂は、
カウンター8席だけという、小さなお店で通常なら見逃してしまいそうですが、
上記の画像からもわかるとおり、大きな目立つ看板があるので、
すぐに見つけることができますよ!

湯島の担々麺「湯島ひよこ堂」の担々麺紹介

こちらは、湯島のひよこ堂の汁なし担々麺。
肉そぼろにネギ。それから、シャキシャキのレタスがたくさん入っています。
しっかり混ぜるのが、ポイント!
辛さは1辛~4辛から選べ、セットはご飯と温泉たまごが付いてきます。

食材の関係で・・・

ひよこ堂は、営業が21時までですが、食材の関係で早めに閉めてしまうことも。
値段もリーズナブルなうえ、1人でも入りやすいので、
食べたくなったら、お早めに!

湯島の担々麺紹介③

湯島の天神下店、我流担々麺「竹子」

〒113-0034 東京都文京区湯島3-38-11

【アクセス】
東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩1分
東京メトロ銀座線 上野広小路駅 徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅 徒歩3分
JR山手線・京浜東北線 御徒町駅 徒歩4分
湯島駅から149m

【営業時間】

[月~土]
11:00~翌5:30
[日・祝]
11:00~23:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業

【定休日】

無休

湯島の我流担々麺「竹子」は、なんと2階もあるんです。
1階には、カウンターとテーブル席。
2階には、テーブル席がスタンバイ!
遅くまで開いているので、お酒のシメにいかがでしょう?

湯島の担々麺「竹子」の担々麺紹介

こちらは、我流担々麺「竹子」の担々麺。
ベーシックな真っ赤っかの担々麺ではなく、少し控えめな色合い。
しかし、見た目に騙されることなかれ!普通でも辛めなんです。
でも、酸味がありさっぱりとしたクセになる味。
辛いのが苦手な方にも、一度は食べてほしいおすすめの担々麺です。

竹子の我流担々麺は・・・

竹子の我流担々麺は、
辛さを、マイルド・普通・中辛・大辛・激辛の5種から選ぶことが可能。
また、麺も細・太の2種から選べます。
ライスはサービス。日によって、茹で卵がサービス(食べ放題)の時があるとか!

湯島の担々麺紹介④

湯島にある「麺屋 げんぞう」

東京都文京区湯島3-35-3 中村ビル 1F

【アクセス】
東京メトロ千代田線湯島駅4番出口より徒歩30秒
東京メトロ銀座線上野広小路駅・都営地下鉄上野御徒町駅より徒歩5分

JR御徒町駅より徒歩8分
湯島駅から81m

【営業時間】

[月~木]
11:45~14:00
17:00~24:00(L.O.23:30)
[金・祝前日]
1:45~14:00
17:30~翌1:00
[土]
17:00~24:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可

【定休日】

日曜・祝日

湯島の麺屋げんぞうは、外観がかなりシンプル。
壁にポツンと扉。
扉を開けるとそこは・・・そんな物語がはじまりそうなワクワク感があります。
店内は、席がカウンター6席と狭めの造り。
しかし、落ち着きのある空間となっています。

湯島にある「麺屋 げんぞう」の担々麺紹介

四川担々麺 750円

こちらは、湯島の麺屋げんぞうの担々麺。
見た目はかなり辛そうな感じですが、食べてみるとピリッとはあるものの、
そこまで辛くはありません。
辛いのが苦手な方でも、食べられるかもしれません!
一度、チャレンジしてみては?

麺屋げんぞうは・・・

こちらの麺屋げんぞうは、
麺屋というだけあって、担々麺のほかにラーメンもあるんです。
塩ラーメンは絶品!一度、お試しあれ。

湯島で食べよう!個性が光る担々麺

湯島の担々麺をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
個性が光るものばかりだったのではないでしょうか?
担々麺を食べたくなったあなた!
湯島を訪れたあなた!
ぜひ、個性的な担々麺をそれぞれ味わってみてくださいませ。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ